まちレポ!

まちレポ!松戸『アトリエ ばなな ぽてと』~子ども達への愛情がとまりません!スクラップブッキング教室~

今、可愛い子ども達の姿を永遠に!あの頃の子ども達を懐かしんで!親と子どもの愛情が深まるスクラップブッキングはいかが?

こんにちは!最近スマホの写真が「食べ物:子ども=100:5」くらいになっている松戸在住しおんです。

それでも子どもがいる家庭として、普通に彼らの写真を飾っているのですが、なぜか高校生の長男がランドセルを担いでいたり、三男が永遠の赤ちゃんだったりして「これは如何なものか?」と首を傾げることが多くなってきました。

そんな時、本屋さんで買った情報誌で「スクラップブッキング教室 アトリエ ばなな ぽてと」さんの記事を発見。

ここいらで選りすぐりの写真をばばーんと飾るのも良かろう、と思い、お友達に「一緒にいってください。」と頼み込み、ドキドキうきうき個人宅スクラップブッキング教室を体験してまいりました。

教室は新松戸の青少年会館の近くです。松戸から車で行く場合は新松戸ダイエーに続く大通りをまっすぐ、ユアスポーツのやや手前、一階に「山勝角ふじ」というラーメン屋さんがあるマンションの2階です。窓に「アルバムづくり」と書いてるのを見て「あ、ここだ」と安心。

作業用の道具が準備されていました

「初めまして…」「こちらこそ…」と、やや緊張気味の私たちでしたが、ほっこりした和風のお部屋に通されてホッと一息。

お部屋には先生が作られたアルバムが綺麗に飾ってあり盛り上がる私たち。同じママさんだとわかって緊張もほぐれます。

製作キットや必要な道具はすべて先生が準備してくださるとのこと、写真を10枚程度持参すること、テーマがあるとなお良いことを事前に聞いていたので、家で真剣に選んできました。

私が選んだ10枚「あの頃の思い出」

うっ…可愛い…!泣けてくるんですけど。当時はこんなに可愛かったのね、あの子達。

「先生、私、写真を選んでる時点で号泣なんですけど。」

「それです!」

「どれです?」

「?」となる私に、アルバムを作る作業は子ども達との思い出や幸せな時間を、もう一度体験することができる、貴重な時間なのです、と先生。

子ども達は自分のアルバムを見て愛されていることを実感し、親の愛情を感じながら健やかに育つことができる。スクラップブッキングにはそんな素敵な効果もあるのです。

そっか、ただ作って面白い、可愛いだけじゃないんだね。写真を選ぶ段階からスクラップブッキングは始まっていたのです。先生の教えに応えるべく、涙を拭いて(笑)しっかり作らないと!

ペーパーをカットする「パターン」

この型(パターン)は、専用のカッターと組み合わせて写真をカットするために使います。ハート形、星型、ひし形。ただの四角い写真も形を変えると随分印象が違います。

他にも色んな形に切り抜くパンチや縁取り用のパンチ、シール、きれいな模様が入った台紙…装飾に使えるパーツが多すぎて目移りします…。

今回は「飾りパーツ使いたい放題コース(1~4ページ完成) 1500円」をお願いしたので、これらのパーツを好きなだけ使うことができるのですよ!

写真をカッターで切っています

正直かなり不器用さんなのでカッターひとつ満足に使えず…。先生に手とり足とり教えてもらいます。

お花型のパンチ

先生があらかじめたくさんの飾りパーツを用意してくれていますが、もちろん自分で作ることもできます。

切り抜き用のパンチがこんなにたくさん!

これだけの道具を自分で集めるのはお金もかかるしとっても大変!それが1500円のコースで使いたい放題って、とってもお得だと思うのです。

ハート型に切り抜き中

慣れるとスイスイ切れるのですが、慣れるまではガコガコ…。緊張します。

端っこをま~るくカット!

2ウェイ コーナーラウンダーという、角を切るカッターで写真の角を丸くカットします。爪切りみたいで面白いですよ♪


テーブルの上がカオスです

つい夢中になってしまい写真を撮るのを忘れるほど。

「これはどうですか?こんなのもありますよ。」

先生が次から次へと可愛らしいパーツを勧めてくれるので、欲望はとどまることを知らず。チャキチャキ切り抜きペタペタ貼り続けます。

なんだか楽しく盛り上がっております♪

先生とは正真正銘の初対面だったのですが、緊張したのは最初の5分くらい(短っ!)。道具のこと、写真のこと、子ども達のことなど、たくさん話すこともあり、あっと言う間に笑いが絶えない雰囲気になりました。

先生は小さいお子様をお持ちのお母さまなので、ご自宅を教室にしているそうです。この時はお子さまは幼稚園にいらしてましたが、生徒さんはもちろんお子さま連れでも大丈夫とのこと。先生のお子さまもペタペタ貼るのが大好きだそうですよ♪


アトリエ ばなな ぽてと 山本先生

先生はもともと医療福祉関係のお仕事をされており、現在も地域のさまざま活動に参加されているそうです。玄関には「まつど暮らしの保健室」のパンフレットが置いてありました。

実はスクラップブッキングは子どもを持つお母さんには勿論のこと、お孫さんをお持ちの祖父母の方々にもおススメの教室なのです。写真を選びながら過去を思い出す、レイアウトや装飾を考える、実際に手を動かして張り付ける、などの作業が認知症予防につながるそうです。ですからママ達だけではなく、色んな世代の方々に楽しんでいただきたい、と山本先生。

色んなコースが準備されています

先生が準備してくれた台紙は写真を長期間劣化させずに保存できる、とても質の良いものだそうです。お貸して頂いた数々の道具も、先生が吟味して購入された一流品。

今回の「飾りパーツ使いたい放題コース」はページにして4ページ、使う写真は10枚前後、装飾用の色紙やビーズ、パーツは使いたい放題、時間は1時間半。それが1500円で体験できるなんて、かなりお得な体験だと思うのです!

頑張りました♪

ちょっと時間をオーバーしてしまいましたが、先生の色んなアドバイスのおかげで、どうやらここまで仕上がりました!

最後は写真にコメントを入れて出来上がり…なのですが、それは時間がなくてお家で、ということに。この、コメントを入れる=ジャーナリングという作業がアルバム作りにはとても大切だそうです。確かに写真がポンっと貼ってあるだけよりも「夏祭り楽しかったね!」と一言添えてあった方が思い出も鮮明に蘇りますよね。

もうちょっと派手にすれば良かったかな?

山本先生は、ただ作る方法を教えてくれるだけではなく、アルバム作りの意味や写真を飾る意味などもたくさん話してくださいました。とても柔らかくて優しい方だったので、やや人見知りの強い私たちもすんなり打ち解けることができ、初めてのご自宅訪問にもかかわらず、リラックスした時間を過ごすことができました(^^♪

今回は大人2名で伺いましたが、小学生の女の子達を連れて行くと盛り上がるんじゃないかな~と思ったり。夏休みなんて親子で習いに行くのも良いんじゃないかな?おばあちゃんと一緒に家族のアルバムを作りに行くとか、もちろん仲の良いママ友と一緒にとか。

教室場所はご自宅の新松戸、あとは東我孫子でもできるそうです。曜日指定は無くもちろんお子さま連れOK。色んなコースがありますので、詳細はご連絡ください、とのことでした。

教室での時間は1時間半でしたが、家で写真を選ぶときから私のアルバム作りは始まっていました。そして作り終わった今も、このアルバムを見るたびにちょっと泣きそうになります。この写真を撮った10年前、私はどんな気持ちで子ども達に接していたんだろう?

可愛い可愛いとギュッとすることより、ぷんぷん怒ることが明らかに多くなってきた今、このアルバムを見て初心を思い出している今日この頃です。あ、また涙が…(笑)

まちレポ!ママさんレポーター募集中!
https://machisirube.com/reporter

SHOP INFORMATION

アトリエ ばなな ぽてと
住所 新松戸教室・青少年会館付近サングレードビル(マップ
※東我孫子でも可
電話番号 090-5813-1492(担当:山本)
教室時間 10:30~12:00(事前にご確認ください)
駐車場 1台(事前にご確認ください)
SNS アトリエ ばなな ぽてと

こちらの記事もオススメです

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

地域のイベント情報

PAGE TOP