まちレポ!

まちレポ!番外編『清水公園☆アクアベンチャーほか』~思いっきり水遊び!迷路で迷ってポニーで揺られて夏を満喫♪

激しく水遊び!巨大迷路!ポニーに乗って公園一周!松戸から車で約1時間の清水公園で1Dayレジャー!

夏休みもあと半月。宿題の進み具合に青ざめるママ達も多いのでは?

それでも夏は遊びたい!長い休みは今しかない!

というわけで、今日は松戸から車で約1時間かけて野田市の清水公園にやってまいりました。

ここはアスレチックも有名ですが、我が家はまだ子どもが小さいため、水遊び&公園の方に行くことが多いです。

アクアベンチャー

噴水の迷路です。広さはそれほど大きくは無いのですが、結構な勢いで水が出ていて、しかも常に違う噴出口から水が出るので油断できません。最初に遊びに来たときは、何の装備も持たずに来たため大変なことになったのですが、さすがにもう慣れっこ。次のものを必ず持ってくるようにしています。

・水着
・着替え
・ビーチサンダル
・お弁当
・水筒

ちなみに着替えとビーサンは大人も必須。濡れます。確実に。激しく。子ども達と心置きなく遊びたいならズボンの替えは必須。できればTシャツも。靴を履いてないと入れないので気をつけましょう。もし忘れた場合はレンタルシューズあり。着替えも売っていましたよ。

お弁当も忘れないで!軽食も一応売ってはいますが…売ってたかな?お菓子だけかも。とにかく、おにぎりだけでも良いので握ってきてください。

よっしゃ事前準備は完璧!子どもたちを水着に着替えさせ、スマホを抱えて水の迷路へGo!Go!

濡れる濡れる!スマホが危険!

う…動けない…。

噴水の上、歩いてるよね?

わざとだよね!?絶対わざと濡れてるよね!?

もうだいぶん育ってきたから、あんまり濡れないかな~なんて思ってたらトンデモナイ。子ども達2人ともみずから濡れに行ってました。子どもって大人と違って水を避けるって考えないのですね。わ・ざ・と・噴水を突っ切って縦横無尽に追いかけっこを楽しんでいました。

アクアベンチャーの敷地内に入るには料金が要ります。敷地内に入るとテーブルがたくさん置いてあるので、まずは荷物を置いて席を確保。人も多いけど席数も多いので、たいてい座れます。敷地内に更衣室もあるので大人も安心。

大人(中学生以上)650円
子ども(4才以上)550円
ファミリーセット (大人1人+子ども1人)1000円

ファミリーセットがお得♪

たっぷり濡れた後はいったん着替えて同じ敷地内の立体迷路へLet’s Go!

こっちは水の出ない本当の迷路。入口から入って4つのチェックポイント「立」「体」「迷」「宮」でハンコを押してゴールへ向かう形式。スタンプを押すカードはタイムカードの役割も持っていて、入口と出口でタイムを押します。これで攻略するのに何分かかったのかわかるってわけです。

夫は少し休憩するというので、まずは子ども達2人と私で先陣をきることに。すみません、私、かなりの方向音痴なのですが。しかも迷路とかあんまり好きじゃなくて…。絶対迷うよ。出れなくなるよ。そっちが一緒に行ってくれない?

「写真撮るんでしょ?すぐに行くから頑張って~」

ひらひらと手を振る夫を軽く睨みつつ、仕方がないので子ども達2人と迷路に突入。

「立」「体」は何とか普通にクリア(「体」は出口方向から無理やり入ったけど)。

この調子なら何とかなるかな。

ちょっと遠いんですけど…。え~、これグルグル回っていくの…?

この時点で、三男(6才)が単独トップ。次男(小4)と私が頑張って後を追いかけてる感じ。

ぐるぐるぐるぐる。

行って戻って行って回って下がって上がって登って降りて。

ちょ、ちょっと本当に迷ってるんですけど…。

いつのまにか三男が「迷」「宮」クリア。後は出口を探すだけ。私と次男はまだ「迷」にも辿り着いていないというのに…!

もう体力も限界。暑いし。うう。どうして夫は助けに来ないの?すぐに来るって言ったのに。

あぁ~もうダメだぁ~…と、しゃがみ込む次男。

私だってもう無理だよ…。救助を待つしかないよ…。

「…なんでまだ迷ってるかな~。三男はもう出てアイス食べてるよ?」

そしてようやく救助に来た夫。遅いよ!

「迷」「宮」まで案内してもらい、出口でタイムスタンプを押してようやく終了。

家族4人の迷宮攻略タイムはこんな感じでした。

夫:15分
三男:25分
次男:40分
私:45分

私と次男は小学校の授業1時間分、迷宮をさまよってたってことですか…。

結構暑い日で、ほんと汗だくでした。最初にアクアベンチャーで遊んだけど、こんなことなら先に立体迷路が良かったかも。皆さんが行くときは自分がどれくらいで攻略できるか考えて、遊ぶ順序を決めてくださいね。

※普通の人が真剣に考えながら進めば45分もかからないと思います。
※どうしても無理な人には抜け道も用意されています。次男も私も頑なに使いませんでしたが。

とにかくアイス食べてお茶飲んで休憩タイム。最後はポニー牧場で遊ぶというプランがまだ残ってますから。

ここが最後の目的地、ポニー牧場。ポニーに乗ったり、餌をあげたり。遊具もたくさんあるので小さい子どもにはピッタリの公園です。

入園料はこんな感じ。

大人(中学生以上)450円
子ども(4才以上)400円

入園料+ポニー乗馬をセット券で買えば100円安くなります。

我が家の子どもたちのお目当てはポニーに餌をやること。100円でニンジンが売っています。300円でキャベツやニンジン、リンゴが入った餌も売っていました。

エサ、ねだられてます。

子ヤギ。可愛い♡

次男もエサあげてるのですが、若干ビビり気味なので良いショット撮れず。

このヤギエリアにはモルモットやウサギもいて触れ合うことができます。

ひとしきり小動物とたわむれた後はポニー乗馬。

高い~!大きい~!

ポニー乗馬は3才以上の子どもからです。大人と一緒には乗れないので、ひとりでも乗れる子ども限定。乗ってる子ども達は本当に3才くらいの小さい子が多くてビックリしました。みんな怖がらないんだね~。グルっと1周。距離は短いですが、ポクポクのんびり歩いてもらって楽しそう。撮影ポイントが設けてあり、ちょっと止まってくれます。

最後は公園内の遊具で遊びましょう。

近代的な遊具は無いのですが、結構種類は多く、大型の遊具が多いです。定番のジャングルジムの他にも、中に入って揺らして遊ぶ土管みたいな遊具とか、大きな滑り台とか。小規模な森の中の遊園地って感じ?緑も多くて気持ち良いです。私は立体迷路の疲れもあってグッタリしていましたが、子ども達は小一時間くらい元気に遊びまわっていました。子どもの体力って半端ない…。

ところで冒頭にも書きましたが、清水公園と言えばアスレチックも有名ですよね。我が家も三男が年少さんになってから2回ほど行きましたが、こちらも中々楽しめます。でも両方とも1日で行くのはかなりシンドイ!小さいお子さん連れはどちらかに決めて行った方が良いと思います(^_-)-☆

今回は車で行きましたが、嬉しいことに清水公園は電車でも行けるのですよ。東武アーバンパークライン(東武野田線)「清水公園駅」下車、西口徒歩10分です。元気な行きは良いのですが、疲れ切っている帰りはちょっと遠く感じるかも…。自販機でジュースでも買いながら頑張って歩きましょう♪

近場でも十分満喫できる松戸・流山・野田方面。柏・我孫子にも大きな公園はたくさんあるし、この辺りは子ども連れでも遊べる場所が多くて助かります。忙しくて旅行には行けないわ~、行ったけどまだ遊び足りないわ~というご家族はぜひ清水公園に遊びに行ってみてくださいね!

清水公園
住所 〒278-0043
千葉県野田市清水906
電話 04-7125-3030
ホームページはこちらから♪

コースや期間によって営業時間や料金が変わります。
HPまたはお電話でご確認ください。

こちらの記事もオススメです

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

地域のイベント情報

PAGE TOP