まちレポ!

まちレポ!松戸『秋谷農園』~野菜は甘い!まずは生で食べてみて!?~

野菜は甘い!野菜は美味しい!秋谷農園さんの野菜を食べて、野菜の魅力を再発見です♪

こんにちは!松戸在住しおんです。独身時代、親元で暮らしていた時は野菜野菜野菜しか食べなかった私ですが、松戸に越して子どもを産んでからは肉肉焼きそば肉ばかり食べるという、男子母ありがちの不健康な食生活を送っております。

そもそも実家の母が素材にこだわる人で、トマトはあそこの朝市、里いもは〇〇産、大根は行商にくるあのお婆ちゃんのものが一番…なんて選びに選んで買ってくるものですから、一人暮らしを始めてスーパーの野菜を買うようになり、自然に野菜への執着が薄れてきたように思います。


秋谷農園さんの赤大根。甘~い♪

今はスーパーにも地場野菜コーナーが増え、以前より美味しい野菜が買えるようになったかな、と思いますが、やはり母が買ってきた野菜にはイマひとつ及ばず…。都会はこんなものかな~と思っていたところ(←地方出身)、遊びに行ったイベントで露地野菜を売っている秋谷農園さんにお会いしました。


秋谷農園の秋谷さん。爽やかです!

とにかく野菜が大きい!迫力!そして安い!

スーパーで売っている上品な野菜も良いですが、こういう迫力のある野菜は大胆で惹かれます。キャベツも大根もドーンと丸ごと買っちゃいましょう!

…実際に買ったのはカリフラワーです、ゴメンナサイ。

私とは別に、夫も何やら購入していた様子。帰りの車は農園に買い出しに行ったあとみたいになっていました。

秋谷農園さんは普段は県立松戸高校の前で、ご自身の畑で採れた野菜を直売しているそうです。意外に近そうなので先日、買いに行ってみました。

左奥に見える車の隣が直売所です。本当に県立松戸高校のすぐ近くでした。


秋谷農園さんの直売所

ザ・直売所!という感じですね。イベントでお会いした秋谷さんと、そのお母さま(かな?)がお野菜を運んでおられました。

失礼して、ずんずん中に入ります。

かぶ!100円!ターサイ!100円!ゆず!100円!

えびいも!300円!じゃがいも!200円!

ほうれん草!100円~~~~!

うわ~。安くないですか?この色合い。見るからに味が濃そう。

「今日は種類が少ないんですよ~」と言われましたが、いやいや、これだけあれば十分です。

うほほ~♪何やらテンションがあがりまくる主婦ですが、今日はこれだけ購入することにしました。

大根100円、白菜200円、ほうれん草100円、カリフラワー数種400円。占めて800円なり!

新鮮野菜は新鮮なうちに。早速帰ったら食べてみよう。ということで。


大根生食!

お供えではありません。次男が一生懸命撮影セットを作ってくれました(^_-)-☆

この大根、切って味見をするとすごく甘かったので、あえて火は入れずに醤油とレモン汁で食べるよう、子ども達に勧めてみたところ。

大・大・大好評!

三人とも大絶賛&おかわりの嵐。子ども達にも野菜の味はわかったようです。

この大根の葉っぱ、試しに生でかじってみると…美味かったですよ~(*^^)v

ザ・カリフラワー祭り!

右上の緑は、元は紫のカリフラワーです。茹でると色が変わる不思議もの。現場を見ていない子ども達に何度言っても信じないので(「ブロッコリーに決まってる!」)、茹でている動画を見せて説明する羽目に。疑い深い子ども達よ…。ちなみに味もブロッコリーと類似していました(笑)

色が違えば味も違う。カリフラワーにも色々あるんだね。それぞれ独特の風味が楽しめました。


秋谷農園さんの白菜とカブと大根で豆乳鍋♪

その日の夜は久々に家族でラーメン屋にでも…と思っていたのですが、ここまで美味しそうな野菜を置いていくわけにはいかない。調理しましょう、今すぐに!

ということで、その日は急きょ、鍋に変更しました(その際にも「あの大根まだ無いの?」と長男からリクエストが)。

春菊を買えなかったので、急遽大根の葉っぱを投入。

う・まーい!これぞ、ザ・青菜。

カブの葉っぱも美味しいですよ、と言われていたのでダブルで投入し、実も葉も余すことなく頂きました♪

子ども達に秋谷農園さんの直売所の写真を見せてあげると、ずいぶん食いついてきて

「えびいもって何~?」「あ!ゆずが売ってる!」

などと興味津々でスマホを覗いていました。

子どもは野菜を食べないなぁ、なんて思っていた私ですが、それは思い込みだったのかも。これからは何でも躊躇わずに出してみよう。

秋谷さん曰く、地場野菜が美味しいのは当たり前のこと。それに加えて生産者独自の特徴が味に加わるそうです。それは甘かったり、濃い味だったり。生産者のこだわりが野菜の味に反映されます。

秋谷農園さんは土作りにこだわって、年間通じて約100種類ほどの露地野菜を減農薬・無農薬で栽培しています。

3月、4月半ばまでは畑を休ませ、その間夏の野菜の種をまく作業が入ります。

ですから今がチャンス!冬野菜を堪能しまくりましょう!!!

そして4月後半からは新しい季節の野菜が楽しめることとでしょう~。

秋谷農園さんはSNSで、それはそれは美しい野菜の写真を頻繁にアップされていますので、ぜひ覗いてみてくださいね♪

まちレポ!ママさんレポーター募集中!
https://machisirube.com/reporter

SHOP INFORMATION

秋谷農園
住所 松戸市・県立松戸高校前の畑(マップ
営業時間 14時半〜日没。
定休日 日と雨天お休み。
※時期により営業日及び時間が変わります。
駐車場 なし
SNS 秋谷農園FaceBook
秋谷農園Instagram

こちらの記事もオススメです

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

地域のイベント情報

PAGE TOP