まちレポ!

まちレポ!松戸『ブーランジェリー・ラ・マシア』~赤い窓枠が目印!南部小麦にこだわる無添加パン屋さん~

松戸駅東口から徒歩5分、赤い窓が可愛い本格パン屋さんブーランジェリー・ラ・マシアをご紹介します!

ブーランジェリー・ラ・マシアさんは、2012年にオープンしたパン屋さんです。オープン当時、「松戸にようやく『街のパン屋さん』ができた!」と大喜びしました。というのも、松戸駅周辺にはスーパーやデパートに入っている大手チェーン店のパン屋さんは多いのですが、個人で営業しているお店がとても少ないのです。

もちろん大手パン屋さんもとっても美味しくて好きなのですが、ブーランジェリー・ラ・マシアさんに売っているパンは、選ぶのにひと苦労するほど種類が多く、見た目可愛いパンなのです。

ショーケースの中に、やや小ぶりのパンがたくさん並んでいます。どれもこれも小さくて可愛らしいので目移りします。

全体的にお安いのも嬉しい。6才くらいの女の子が小銭を持って買いに来ていました。初めてのおつかいにピッタリのお店だなぁ。

お食事パンも豊富。甘い系にするか、しょっぱい系にするか。本当に迷います!

子どものお土産。どのパンにしようかな…。

あっ!右側の「ぴーなっつさん」は、顔の下に「P」が書いてある!今、気が付きました…。「千葉名産ピーナッツが入ったクリーム」ですって。

そういえば、この日は見なかったのですが、以前来た時は「松戸市観光協会推奨品」の「戸定あんぱん」も売ってました。徳川の葵の紋をかたどっている三色アンパンです。千葉・松戸に密着したパン屋さんなのですね~。

小さめの店内にたくさんのパン!

オーナーシェフは松戸に生まれ松戸に育った超松戸市民。パン職人として全国の有名店舗で修行&経験を積み、2012年に生まれ故郷の松戸にお店を構えました。

そんなオーナーシェフのこだわりは「全てのパンに岩手県産「南部小麦」を使って、できる限り体に優しい安心・安全なパンを焼くこと」。

イーストフードに代表されるパン改良剤をほとんど使用せず、パン酵母の量を減らし、長時間発酵させて「南部小麦」のうまみをじっくり引き出す製法をとっています。

噛みしめることによって溢れるパンそのものの美味しさを楽しむことができるのです…とはFaceBookでのオーナーシェフのお言葉です。

チョコレート大好きな末っ子が一緒だったので、彼のためにチョココロネを購入。コロネは買った時にチョコクリームを入れてくれるので、パン生地がしなしなせずサクッと美味しいまま!

そしてほら!こんなにタ~ップリのチョコレートクリームが!

歩きながらパクパクっ!家にたどり着く前にごちそうさま。

他に買ったのはこの3つ。左からタラコマヨネーズ(かな?)(160円)、ショコラバナーヌ(230円)、フルーツあんぱん(洋梨)(130円)。

左側のパンの正確な名前を覚えていないのですが(スミマセン!)、フィリングはタラコマヨネーズという感じでした。パン生地はやや固め。ちょっと辛めでクリーミーなフィリングが最高!また買いたいな♪

ショコラバナーヌはチョコ&バナナで安定の美味しさ。チョコが固いので、少し温めても美味しそうです。フルーツあんぱん(洋梨)は、爽やかな洋梨と餡子が意外にマッチして和洋折衷の美味しさ。

上がフルーツあんぱん(洋梨)の断面図。下がショコラバナーヌの断面図。洋梨と餡子の組み合わせがちょっと想像できなかったので、パシッ!と切ってみました(笑)

カレーパンやクロワッサンも人気商品らしいですよ。自分で取るタイプのパン屋さんでは無いので、小さいお子さんがいてもゆっくり選ぶことができますね。

お店の方は皆優しかったし、ウチも子どもにお金を持たせて初めてのお使いをさせようかしら?赤い窓枠が目印の松戸の街のパン屋さん。ぜひ行ってみてくださいね。



お店の名刺がまた可愛いのです☆

まちレポ!ママさんレポーター募集中!
https://machisirube.com/reporter

SHOP INFORMATION

ブーランジェリー・ラ・マシア
住所 松戸市松戸1349(マップ
電話番号 047-701-5154
営業時間
平日 9:00~20:00
土・祝日 10:30~19:00
定休日 日曜日
駐車場 なし

こちらの記事もオススメです

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

地域のイベント情報

PAGE TOP