まちレポ!

まちレポ!松戸『里の茶屋』~21世紀の森と広場でシャキシャキおからカレーが食べられます!

しばらく休業していた古民家茶屋が復活しました!

2018年1月、21世紀の森と広場にある「里の茶屋」が再オープンしたと聞いて、家族で遊びに行きました。

21世紀の森と広場は幾つかのエリアに分かれており、里の茶屋がある方は遊具は無いのですが、ボール遊びやバトミントン、凧揚げにピッタリの広場があって、小さい子ども連れの家族がよく遊んでいます。

小川も流れているので、虫取り用の網を魚釣り用にして小魚(いるのかな?)を獲ろうとする子もチラホラ。

子ども達をしばらく遊ばせておいて、大人たちは里の茶屋でご歓談。

ちょうどランチ時だったので、お昼を頂くことにしました。


里の茶屋の立て看板(「photo smiley」さん撮影)

キーマカレー、花うどん、おにぎり。おしるこもあるようです。お菓子やお酒の文字も。甘酒150円にも惹かれますね。何を食べようかな~♪


花うどん 350円

私は定番っぽい「花うどん」にしました。お花の麩が可愛らしいですね。白だしで作った塩味のスープが美味♪普段は醤油味のうどんが多いので新鮮だなぁ。50円プラスするとワカメやとろろ昆布が追加できますよ。


これはなに?

じゃ、じゃ~ん!このモリモリした物体は何でしょう?

正解はキーマカレー!

正式名称「里の茶屋特製キーマカレー」(600円)です。大盛りは100円プラスの700円。

玉ねぎと人参のシャキシャキした歯ごたえ、辛さを押さえたカレーの風味。「里の茶屋」の名前にピッタリの柔らかく優しい味は、大人はもちろんお子さまにも年配の方にも自信を持っておススメできる一押しメニューです。

このキーマカレー、実は北小金に店舗を持つヘルシーカフェ・ソイダイナーさんのオーナー直伝おからカレーだそうです。『野菜の切り方から配合までしっかりとご教授頂きました』とは里の茶屋スタッフさんの言葉。ソイダイナーさんのおからカレーが21世紀の森と広場でも味わえるなんて、ちょっと得した気分ですね。


キッズカレー 350円(写真はHPより提供)

嬉しいのはキッズセットがあることです。ゼリーとジュースが付いてこのお値段なんてコスパ良すぎ。大丈夫でしょうか里の茶屋さん?

キッズカレーは意外に量があるのですが、気に入ってバクバク食べるお子さんが多いので(甘口では無いですが)、よく食べる小学生くらいのお子さまには普通サイズを頼んだ方が良いかと思われます。

ウチの三男はキッズカレーのゼリーに惹かれはしたものの、「オレ、キッズじゃたりないわ~。ふつうのでいいわ~」とのたまっていました(彼はまだ幼稚園児ですが)。

そして隠れたおススメはカレーについてくる「人参ラぺ」。リンゴ酢の穏やかな酸味とレーズンの甘みが美味しいサラダです。

次男はこの「人参ラぺ」が大好きで、キッズカレーのジュースに惹かれはしたものの、「ふつうのでいいわ~。酢の物ついてこないし~。」とのたまっていました(彼はもう5年生ですが)。


里の茶屋 店内(写真はHPより提供)

店内は大きなテーブル2つとベンチ椅子。基本相席です。公園の中なので、子ども連れの家族や散歩を楽しむご夫婦、写真を撮りながら歩いている方など、色んな方がちょこちょこ立ち寄っていくようです。

里の茶屋のスタッフさんはお母さん世代の女性が多く、現在オーナーの体調が優れないためお手伝いとして集まっているということでした。


お手伝いのお母さん達

小さいお子さん向けにプラスチック製のコップやスプーン、取り皿が綺麗に並べてありました。現役お母さん世代のスタッフさん達は、うちのヤンチャ男子達にも暖かく接してくれて助かりました。ありがたや…。


おしるこ 250円(季節限定)

以前はお団子を出していたらしいのですが、今はそれに代わる甘味として「おしるこ」を出しています。スタッフの方々はまだお手伝いに入って間もないそうで、「リクエストをお聞きしながら、どんどんメニューを増やしていきたいと思います!」とのことでした。


甘酒 150円(写真はHPより提供)

甘酒は米麹か酒粕を使ったものが多いのですが、この時の甘酒は米麹だったかな。酒の匂いが無いので飲みやすかったです。

お天気の良い日はどこまでもどこまでも澄みわたる空と里の茶屋。絵になるなぁ~。

大人たちはまだまだ里の茶屋でおしゃべりを楽しみ、子ども達は外にある小川でプチ釣りを楽しんでいます。

この一瞬後、小川にハマってさぁ大変♪の三男が店内に駆け込んでくるまでは、とても心地よい休日を過ごしていた私たち夫婦でした。

里の茶屋さんは、オーナーとお手伝いに入るスタッフのお母さん達の都合により、しばらくは不定期営業となるそうです。新しくできたホームページに営業日を記載しているのでそちらをご覧ください。

3月18日(日)の和太鼓の公演日はオープンします。里の茶屋特製キーマカレーの他にもイベント用のハンドスナックなどを出す予定です。

お天気の良い休日は、21世紀の森と広場の中にあるくつろぎ古民家茶屋「里の茶屋」にぜひ足を運んでみてくださいね!

まちレポ!ママさんレポーター募集中!
https://machisirube.com/reporter

SHOP INFORMATION

里の茶屋
住所 松戸市千駄堀749(マップ
メール satochaya21@gmail.com
営業時間 10:00~16:00(不定期・詳細はHP参照)
営業日 不定期
駐車場 あり(土日・祝は南側駐車場をご利用ください)
SNS 里の茶屋HP

こちらの記事もオススメです

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

地域のイベント情報

PAGE TOP