つくばみらい市の『さくら保育園』 新設工事 施工報告 part4

いよいよ完成・お引渡し

オーナー様にもお越しいただき、
9月15日、無事にお引渡しの日を迎えることが出来ました。

 

これまでにもいくつかご紹介してきましたが、
このさくら保育園さんには、オーナー様のアイデアとこだわりがたくさん詰め込まれているんです!完成写真と共にご紹介させていただきます。

玄関とお部屋を分けるオーダーメイドのユニット棚

 
玄関側には園児用靴箱、お部屋側には園児用のハンガーラック&棚という仕様になっています。
この棚は、こんな棚になったらいいな。。。というオーナー様の手書きのメモから誕生しました。そのメモをもとに、省スペース&機能性を目的として設計されました。使い勝手を考えて高さなどにもこだわりながら設計士との打合せを重ね、ついに理想の棚が完成しました。

ミニボルダリングウォール


玄関を入ると目に飛び込んでくるカラフルなボルダリングウォールは、園児のみんながワクワクする事間違いなし。
天気の良くない日でも室内で体を動かしながら遊ぶことができますね。

3つの丸い窓がついたドア ~おもいやりキッズドア~

このドアは、デザインも機能性もオーナー様がとても気に入られてお選びになり、限られたご予算の中でも、どうしてもつけたいです!とこだわりにこだわられたドアなんです。その名も【おもいやりキッズドア】。指はさみなど、小さなお子様の事故防止を考え抜いて設計されたドアで、互いに向こう側をのぞくことができる3つの丸い窓のデザインもおしゃれです。
実際に設置されてみて、やっぱりとっても素敵です!

手洗いスペース

 
床材は水はけの良いタイルパネルで、ちょっとオリエンタルな竹のよう。見た目のアクセントにもなり、お手入れも楽々です。

園児の足にも優しい無垢のフローリング


奥の保育室は、赤ちゃんが粗相をしても清潔感を保てるようにコルクのようなクッションフロア。全体の統一感が出るように、壁には贅沢に無垢の木材パネルを使用。優しい雰囲気となっています。
全面床暖房なので、これからの寒い季節になってもポカポカです。

壁一面のホワイトボード


中央の保育室には、壁一面のホワイトボード。マジックで書いたり、マグネットで掲示したりできるスペースは機能的です。

壁だけではなく大きなガラス窓を部屋の間仕切りに使用することによって、隣の部屋の様子が分かるようになっており、明るく清潔で、見通しのよい空間になっています。

さぁ、ついにお引渡しです!

お引渡しの最終日ですので、オーナー様はじめ、一級建築士事務所の根来氏、弊社代表取締役中村寧、現場統括監督中村昇全員で一つ一つの確認をさせていただきました。
最終チェックは、社長の中村のプロの目で厳しく判断し、納得のいかない部分についてはオーナー様に伝え、「出来上がった」ではなく、『夢がカタチになっているか』をご確認いただきました。

 
手直しなどの宿題を少々残したものの、『素敵な園が出来上がりました』とオーナー様にご納得いただき、お引渡しを終えました。


来月の開園には、すでに満員になった子どもたちと、オーナー様はじめ先生方のたくさんの笑顔があふれる、素敵な保育園になること間違いなしです。
地域のママさんの【 安心 】の場所『 さくら保育園 』
【 安心をお届けする 】を理念とするわが社にとって、非常に素晴らしい事業のお手伝いをさせていただきました。本当にありがとうございました。

ご協力いただきました皆様、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
現場統括監督 (株)大功 中村昇

また、今回この『まちしるべ』にさくら保育園様の新設工事をご紹介させていただくにあたり、オーナーの鈴木様より、この記事を見て、ご家庭での預かり保育をしてみたいと思ってくれる方が出てきたり、ご家庭の子供部屋などの参考にしていただけたら嬉しいですね、とのお話がありました。
木のぬくもりを感じられる、こだわり満載のさくら保育園さんの記事、これからの皆さまのご参考になれば光栄です。

 
さくら保育園様のホームページはこちら

株式会社 大功
本 社 〒270-2221 千葉県松戸市紙敷 1170 番地
フリーダイヤル 0800-888-4171
ホームページはこちら
建築部Facebookページはこちら