まちレポ!

まちレポ!松戸『古民家ホームシェアco-no-mi』~ママと子ども達の新しい憩いの場~

ママと子ども達が和めるスペースが、またひとつ松戸にオープンしました♫

最近、松戸近辺のママ達が集っている場所、古民家ホームシェアco-no-miの魅力を、松戸特派員しおんがお届けします!

☆☆☆ 

ある日、ママ友が幼稚園カバンに入っていたチラシを見て言いました。

友「今度の木曜日、古民家co-no-mi(このみ)でワークショップやるんだって。」

私「なに?こみんか?小さい家?こーみんかん?」

友「ちがう。古民家。古い家。ママ支援のNPO法人とか、いくつかの団体が共同で運営してる家だって。色んなセミナーやワークショップとかやってるみたい。」

私「ふーん。民間の児童館みたいなところ…?」

友「ちょっと違うような…。親とか、おばあちゃん達だけでも行けるみたいよ。前は小さい子を連れたおばあちゃんとか来てたよ。」

チラシは、1日限定のワークショップの案内。ワンコイン(500円)で、ベネチアンガラスのアクセサリーやフラワーの手作りブローチ等色々作れるそう。

食べ物関係では手作りキムチ講座やコーヒーリキュール講座。
他に赤ちゃんを対象としたベビーマッサージ。
無料コーナーとして、子どもが遊べるスペースあり。
コーヒー・紅茶は0円!軽食の販売もあるようです。

民間団体の共同経営の家、というものが今一つイメージできなかった私ですが、家の近くでもあり、古民家というものを見てみたい。
そしてキムチを作りたい!ということで、誘ってくれた友達と行ってみることにしました。

住宅街の片隅、ほんとうに突き当たりの場所にあるので、迷う人も多いようです。
場所は、雷電神社のすぐ裏手。近くには子ども達が良く遊びに行く「つくし公園」があります。
オーククリニックの横の京成線の線路沿いの道を、まっすぐ上本郷方向に直進し、国土交通省の大きな看板がある曲がり角で左に曲がる。
そのまま直進。ひたすら直進。もうまっすぐ進めません!という所まで直進です。
そして右手に、この大きな看板が見えたらホッとひと安心。
ドキドキしながら門をくぐります。

広い庭です!大きなガラス戸も今どき珍しい。
家の中は14畳の和室と、手前にもう少し小さめの部屋2つくらい。
2階にも広めの部屋が1つ。ここは個室に区切れるそうです。

↑2階の一室

広い台所もありました。昔ながらのキッチンという感じ。
L字型の縁側と広い庭が『昔の地主さんの立派なおうち』という風情を醸し出しています。
手前の小さな部屋には『昔は暖炉があったのかな?』という所もあって、半洋風の古民家という感じ。

一番広い和室には大きなテーブルがおかれ、各ワークショップが開催されていました。

↑これが一番広い和室の写真。

この日は人がいっぱいで写真が撮れなかったので、以前co-no-miで開催されたイベント、

アロマハンドトリートメントサービス(「アロマスクール&Beautyサロン Aroma&Herb天使のて」主催)

の、FaceBookの写真を使わせて頂きました♡

この日のワークショップの先生達は30~40歳のお母さん、といった方がほとんど。
(もしや20代、50代のお母さんがいらっしゃったらゴメンナサイ!)
今回は平日の午前中ということもあり、客層は幼稚園ママや小学生ママが多いようです。

以前、友達が来た時は「飾り寿司」講座や「ネイル」の施術等があり、「子どもの見守り」もあったため、赤ちゃんや未就園児を連れたお母さんやおばあちゃんがとても多かったそうです。

※「見守り」は「預かり保育」ではないそうです。

今日はワークショップの他に、手作りケーキやチヂミ等の軽食も販売しており、ワークショップを終えた人が、購入したケーキ等を2階の部屋で食べつつ雑談に花を咲かせていました。

友達はさっそくベネチアンガラスのアクセサリーを作るテーブルへ、私はキムチを作るべく台所へ!

手作りキムチ作成中。結構マイルドな色ですよね。先生が準備してくれた材料を切って切って混ぜて混ぜて…。

はい!できました。手作りキムチ。
お持ち帰りして1週間くらい経ってから食べたところ、とても優しいサラダみたいな味でした。

下の写真は、友達が作ったベネチアンガラスのアクセサリ。

↑これは友達がレジン体験で作ったストラップ。

女子らしい作品ですね(^_^)

縁側と庭が綺麗で、つい、その写真ばかり撮ってしまいました。

「軽食売ってます」の言葉通り、美味しそうな焼き菓子が売っています。

甘いものが苦手な方は、辛めのチヂミを♪
これを作った方は、キムチ作りを教えてくれた「粉もん屋」の先生でした!

今回のワークショップは、1階の部屋と台所で開催されていましたが、2階の部屋を使うことも多いそうです。

2階への階段は、隙間が空いている昔風のものですが、小さいお子様がひとりで上らないようにベビーガードが付いています。

下の写真はちょっと逆光で見えないのですが、2階の部分にも、落ちないようにガードが付いていました。

スタッフママ達の細やかな気配りが感じられます♪

もし、お母様が2階のワークショップに参加されている時は、見守りスタッフが1階の部屋でお子様を遊ばせつつ見守ってくれるサービスもあるそうです。
ただし保育ではないので、お子さまが「ママ―!!」と大泣きしたり脱走したり…スタッフが「コリャイカン!!」と判断した場合は、優し~くお母様のもとへお連れしてくれるそうです(笑)

見守りがあるかどうかは、チラシや告知のページに書いてあるようなでのでチェックしてくださいね♪

↑これもワークショップで作っていたようです。
アーティシャル フラワーの手作りブローチ。美しい!

さて。

先ほど、古民家co-no-miのことを「ママ支援のNPO法人とか、いくつかの団体が共同で運営してる家」と言いましたが、正確には

・NPO法人MamaCan(ママキャン)
・CHIEの輪
・一時保育らくがきクラブ

の、3団体で運営している古民家です。

古民家co-no-miでは、色んな資格や特技を持った方々が、場所を借りてイベント等開催できるそうです。

講師の方々のほとんどが「子ども達のお母さん」や「主婦(主夫)」であり、家事育児を主な仕事としたうえで、その傍ら、自分の得意分野を人に教えたり、物を作って販売したり、施術したり…といった副業を営んでいらっしゃるそう。

NPO法人MamaCanでは、このような方々や、その活動に賛同してくれる方々を正会員(キャスト)として随時募集しています。

キャストさんの働きを応援するシステムを作り、主婦(主夫)&お母さん達の手助けをしているのがNPO法人MamaCanなのですね。

その姿勢、働き方に深く感銘を覚えたのですが、あいにくと何の特技も持ち合わせていない私は「LINE登録すればイベントの案内がもらえるよ!」ということで、とりあえず無料会員としてLINE登録をしたのでした(笑)

古民家co-no-miでは、もう一つの運営団体「CHIEの輪」主催の”新しい学びの場”「探求型スクールC-Quest」の講座も、よく開催されています。

探求型スクールC-Questでは、小中学生を対象とした、塾とは違った新しい視点での学びの場を提供しています。

その親達に向けた講座も開催しています。例えばこんな感じ。

「2020年 大学入試改革!”これからの社会で真に必要な力!”」

これ行きたかった~!うちも年頃の子どもがいるんですよね…。無料だったし。

でも同じ日に同じ場所で「もふもふ家族」さん主催の「カメラ座談会」が開かれてまして、そっちに行っちゃったんですよね~汗;

スマホで写真を上手に撮れるコツが知りたくて。ちょっとピンボケてますが、綺麗でしょ?

C-Questさんの大学講座は又来年やってくれると信じています!

そんなわけで、とにかくイベント・講座が連日のように開催されている古民家co-no-mi。

会員では無い方も、レンタルスペースとして利用できるようです。

2017年4月からは9時半~13時半まで毎日スタッフが常駐しており、見学もできるとか。

イベント情報が知りたい方は、次のいずれかの方法でメールを受け取ることができます。

「NPO法人MamaCan」について:
・FaceBookに「いいね!」をする
・LINE登録をする。
・無料会員登録をする。

住宅街にいることを忘れてしまいそうな、情緒あふれる佇まいの「古民家co-no-mi」に、ぜひ一度足を運んでみませんか?

※駐車場はありませんので、公共の交通機関でお越しください。
また、ご連絡いただければ近隣の有料パーキングをご案内致します。


「古民家co-no-mi」
公式WEBサイトはこちらから

「探求型スクールC-Quest」
FaceBookはこちらから。

「NPO法人MamaCan」
ホームページはこちらから
FaceBookはこちらから。

関連記事

  1. まちレポ!松戸『英会話ラボラトリー』~松戸のちいさな英会話教室
  2. まちレポ!我孫子【美容院 CONKS】超オシャレ美容院なのに、オ…
  3. まちレポ!柏『やまん』ゆったりまったり大人時間、美味しいお魚料理…
  4. 鎌ケ谷駅近くで子連れランチに最適 和れこると
  5. まちレポ!鎌ヶ谷『テルル鎌ヶ谷店』携帯どこで買おう…迷ったらテル…
  6. まちレポ!松戸美容室『kanon』 ~優しいスタイリストさんと一…
  7. まちレポ!流山【よもぎ蒸し*ラニオラ】老廃物どっさりの感動体験♡…
  8. まちレポ!鎌ヶ谷『ろまん亭』~今日はバレンタインデーdz…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

地域のイベント情報

PAGE TOP